So-net無料ブログ作成
検索選択

普天間で反発の福島氏に首相「理解に向け努力。それしかない」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は27日朝、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題をめぐり、反発を強める社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相について、「私どもとしては極力、理解をいただけるように最後までできる限り努力する。それしかない」と述べた。首相公邸前で記者団に答えた。記者団からは、福島氏を罷免するかどうかを問われたが、それには言及を避けた。

 政府は移設先として、「名護市辺野古崎周辺」を明記せずに鳩山由紀夫首相の談話をまとめ、28日の閣議で閣僚に署名を求める方針だ。ただ、福島氏は辺野古移設が明記されなくても、閣議で署名しない考えを示している。

【関連記事】
普天間移設 許されぬ文言の使い分け
究極の二枚舌 鳩山政権の無責任体質を象徴
政府方針は「辺野古」不明記 苦肉の配慮も 社民反発「二枚舌だ」
米国でっち上げのテロ 哨戒艦沈没で北朝鮮論評
鳩山首相と対話より海兵隊との交流…辺野古住民の複雑なホンネ
虐待が子供に与える「傷」とは?

社民、連立残留へ…政権内で「県内反対」主張(読売新聞)
<口蹄疫>高速バスに消毒液マット(毎日新聞)
奈良の鹿にも口蹄疫の危険性、見回りで監視(読売新聞)
自分の印象をコントロールする方法
臨床研修医が増加、「基金」奏功か―鹿児島県医師会(医療介護CBニュース)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。